« 小説「残光」第六十七回 | トップページ | 哲学する猫 »

2004.11.26

法然院の錦秋

honenin.JPG

数年ぶりに、哲学の道を訪れてみた。
金曜日の午前だったが、紅葉を愛でる人々で驚くほど賑わっていた。
この近くに住んで、よく散策していた頃と、風情がほとんど変わっていないのが嬉しい。
ただ、この紅葉の素晴らしさは、記憶にないのである。
「こんなにも見事だったか・・・」
夢中でシャッターを押し続けて、あっというまにメモリースティックが満杯(苦笑)

哲学の道から少し東側へずれた山裾に、法然院がある。
静かなたたずまいで、自然と共生していこうとするお寺の姿勢があちこちにうかがえる、素敵な寺院である。
ここの紅葉がひときわ目に沁みた。

|

« 小説「残光」第六十七回 | トップページ | 哲学する猫 »

コメント

こんばんは~
この角度はどこだろーー?と結構考え込んでしまいました(笑)
で、結局わかりませんでした!

めっちゃめちゃ美しい写真でうっとりしていました。
こういうのが撮ってみたいです。

しつこいですが、息子さん、りりしくってかわいいです!

投稿: ilikewalking | 2004.11.30 02:48

ilikewalkingさん、コメントおおきに!
この写真は、法然院の門をくぐり、盛り砂を超え、池のあたりにある、独立した小さなお堂の軒を狙って撮ったのです。瓦屋根の上に載っている小さな獅子が可愛いでしょ?
この日、初めて、谷崎潤一郎の墓に詣でることも出来ました。
四季を通じて情趣深く、歴史や文物を数多く秘めているこのあたり。改めて、哲学の道を毎日散策できるilikewalkingさんが羨ましくなりましたよ(^^)

投稿: 龍3 | 2004.11.30 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/2074303

この記事へのトラックバック一覧です: 法然院の錦秋:

« 小説「残光」第六十七回 | トップページ | 哲学する猫 »