« 小説・残光(仮)第四十回 | トップページ | 小説・残光(仮)第四十一回 »

2004.10.09

京都・観光文化検定試験

texist.JPG

今年の12月12日に、第一回「京都・観光文化検定試験」(通称・京都検定)というのが行われる。何のことかというと
主催の京都商工会議所によれば

 もてなしの質を高めたい
 生涯学習のテーマにしたい
 もっと京都を知りたい
 資格を仕事に生かしたい
 そんな夢を実現するための「京都検定」

なのだそうだ。
つまりは、これに受かれば「あんたは京都通だよ」とお墨付きが与えられるというわけ。
写真はその試験のための公式テキストで、今や京都の書店では売り上げランキング一位を独走中である(笑)
そんなにこの検定を受ける人、多いのだろうか?
どうやら、旅行代理店やら旅館ホテル業、そしてタクシー会社が軒並みこの本を一括購入し、社員に検定を受けさせるつもりらしいのである。
今回は「やや高度な知識レベル」の2級と「基本的な知識レベル」の3級の検定を行い、来年、2級合格者対象に1級試験をするそうだ。

なんか、いややわあ~。お上に認定してもろうて「わしは京都通やで」と、威張るのやろか?
この検定に合格せえへんと京都の観光業界では「もぐり」ということになるのやろか?
2100円のテキストと、2級で4200円の受験料で、商工会議所と出版社は笑いが止まらんやろなあ・・・

なんか、腹立ってきたので、
わしも受験の申し込みをしました!(爆)
もちろん、3級など目もくれず、2級のみ受けます!

 京都のウンチクを語って人を煙にまきたい
 あわよくばこの資格で仕事が転がり込んでこないか
 そんな野望を実現するための「京都検定」

|

« 小説・残光(仮)第四十回 | トップページ | 小説・残光(仮)第四十一回 »

コメント

ブログのランキングサイトがOPENしました☆
この機会にぜひご参加の検討をよろしくお願いします。
ブロガーズ・ランキング
http://www.blogers-ranking.com/

投稿: ブロガーズ・ランキング | 2004.10.10 15:50

この本すごい売れてる見たいですね。今日、某北白川の本屋さんでレジの兄ちゃんが言うてましたわ。今日だけで、ずいぶん出たて。言わはるとおり、お上に認定してもらう言うんは、なんや蹴ったクソ悪いんで、私は買うてませんが。住んでるだけで、知らん事も多いな、とさらっと立ち読み。しかし、これだけやのうて、京都本ってようさん出てますなぁ。

投稿: Bach | 2004.10.12 01:17

Bachさん、コメントおおきに!
この検定のテキスト、さすがに多方面の知恵を集めてよく作られてますわ。ただ、京都本のかなりのものについて言えると思うのですが
「あらかたの京都人さえ知らないことが載っている」
ということがあるのではないでしょうか(^^;)。
で、検定の方は申し込みがすごいようで、7000人か8000人が受験するのではと予測されております。
想定問題を載せているHPやblogも現れて、それにはかなりの難問があります(冷や汗)。とりあえず、いいネタになりそうなんで、楽しみに受験します(^^)

投稿: 龍3 | 2004.10.12 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/1630145

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・観光文化検定試験:

» 京都検定 [龍の目]
仕事の関係でたったの3年半しか住んでいなかったのに、 すっかり僕は京都の「虜」になっている。 携帯電話の着モーションは「祗園囃子」、 乗ってる車は頑な... [続きを読む]

受信: 2004.10.30 21:12

« 小説・残光(仮)第四十回 | トップページ | 小説・残光(仮)第四十一回 »