« 小説・残光(仮)第二十九回 | トップページ | 小説・残光(仮)第三十回 »

2004.09.18

巨樹7・夢の浮橋

yumenoukihasi.JPG

京都市東山区の泉涌寺通を西へ坂道を下がって行くと、住宅街の中に思いもかけぬ巨樹を見つけた。その横には石碑があり
「ことはりや 夢の浮橋心して 還らぬ御幸 志ばし止めむ」
と刻まれている。
石碑の前には説明板が倒れて朽ちており、こっちの方は文字が褪せてまったく判別できず。
調べてみると次のようなものであった。

「今は暗渠になってしまった今熊野川に架かっていた『夢の浮橋」』たもとのエノキは今も健在である。『夢の浮橋』は、天生年間(1573~92)に開通した泉涌寺に至る泉涌寺道の今熊野川に架けられた橋である。」
(京都の虚樹迷木 その2 えのき http://www.denpan.org/book/DP-41-1a0-1/)

なんとロマンチックな名前の橋が架かっていたのだろう。しかし、そのような風情は今やどこにもないなか、大きなエノキだけが、緑の葉を繁らせて初秋の空に枝を揺らしているのだった。

ちなみに、源氏物語の宇治十帖の「夢の浮橋」とは直接関係はないらしい。

|

« 小説・残光(仮)第二十九回 | トップページ | 小説・残光(仮)第三十回 »

コメント

龍3様
東山区で酒屋とコンビニを営んでいるものです。
月刊でミニコミを発行していますが、東山の余り有名でない所の連載を始めました。
5月に夢の浮橋を取り上げようと思い、参考を
探してこのページに入りました。
年寄り(74才)で写真(デジカメ)は苦手です。
写真を使わせていただけると有りがたいのですが・・。
当社のホームページ集酉楽サカタニの「とんからりん」にミニコミは掲載しています。
酒屋の老人手製で恥ずかしいものです。
京阪七条のほん近くです。お通りがけにお立ち寄りください。
        ヨシィちゃん

投稿: 酒谷義郎 | 2008.03.23 17:17

☆酒谷義郎さま、コメントありがとうございます。
このような写真でよろしければ、どうぞお使いください。
特に制限など掛けておりませんので、クリックすればお使いいただけるかと思います。
わしは、山科区在住ですが、東山区、左京区はよく歩きます。目立たないところにもユニークな物件があって興味尽きません。
また、そちらにもうかがわせていただきます。よろしくお願いします。

投稿: 龍3 | 2008.03.24 14:39

龍3様

お許しくださり有難うございました。
お写真を「とんからりん5月号」に使わせて頂きます。「とんからりん」は当社のホームページにて見られるようになっています。
(4/30アップ予定)店ではいろいろな催しをしています。
お近くにお越しの節是非お立ち寄り下さい。

             ヨシィちゃん

投稿: 酒谷義郎 | 2008.04.24 21:05

☆酒谷義郎様、丁寧に報告いただき、ありがとうございます。是非「とんからりん」を拝見し、また、お店にもお邪魔したいとおもいます。よろしくお願いします。

投稿: 龍3 | 2008.04.25 00:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/1461086

この記事へのトラックバック一覧です: 巨樹7・夢の浮橋:

« 小説・残光(仮)第二十九回 | トップページ | 小説・残光(仮)第三十回 »