« 敗れし者に | トップページ | 南禅寺水路閣 »

2004.04.27

チャンバラ幻想

「ラスト・サムライ」という映画がかなりヒットして、世界中でたくさんの人が観ているらしい。
わしは、映画館で「キル・ビルVol.1」を楽しんだときに、こいつの予告編を観ただけなのだが、腰を抜かした。
「キル・ビル」も、御覧になった方はわかるだろうが滅茶苦茶間違った日本が描かれておる。だがこっちの方は、誰にだってそうわかるからかまわん。
しかしなあ、「ラスト・サムライ」を観た外国人、いや、日本人でも若い層は、これを史実だと思う奴がほとんどだろう?
先にアニメ「犬夜叉」を、こんな戦国時代はありえんと書いたが、まったく同様に
「ラスト・サムライ」みたいな明治初頭は、全然ありえないんだぞ!

とはいえ、これまで日本映画も限りなく歴史考証の間違いを映像化し、一般に広げ続けてきた。わしもどっぷりそれに浸ってきた。
細かいことを挙げるときりがないし、単なるウンチクに過ぎんのでやめるが、一番危険なのは
「昔の日本人は、日本刀を主な武器に戦争をしていた」
というチャンバラ幻想である。
「ラスト・サムライ」も、抜刀した騎馬武者がくつわを並べて突撃しておったし、黒澤明の「影武者」などもそうだったが、ああいう光景は日本戦史上、ほぼ100パーセント、見られなかったらしい。
平安時代から鎌倉辺りまで、武士の主な武器は弓矢。大鎧を着た騎馬武者はもっぱら弓で戦った。
やがて南北朝時代辺りから歩兵の集団戦に移行するが、これも主たる武器は弓矢。接近戦では槍を主武器とするようになる。そして戦国時代、鉄砲が渡来すると、瞬く間にこれが戦場の主人公となるのである。
考えてみれば当たり前で、敵が矢を射てくる中で、誰だって刀だけ持って突撃したくはないだろう。
射程というか、有効距離の長い武器を持った方が有利に決まっておる。
にもかかわらず、江戸時代に平和が続く中で「刀は武士の魂」とか、「大和魂は不敗」とか幻想が跋扈するようになり、ついには「大和魂の保有者である忠勇無双のわが将兵が、万邦無比の霊器である日本刀を振りかざしてゆけば、向かうところ敵なしであるといった妄想」(「刀と首取り」鈴木眞也著 平凡社新書)にまで至るのである。
これが日本にどれだけ悪影響を与えたかは、半世紀前の大惨敗を見ればわかると思う。
今はまた戦前?という雰囲気が芽生えているこの時代、またぞろ、そんな妄想が復活するのは御免なので、わしは断固「チャンバラ幻想」を打ち砕く側に回ろうと思うぞ。

|

« 敗れし者に | トップページ | 南禅寺水路閣 »

コメント

 うーん、これはよい子のみんなだけじゃなく大人もはまりそうな落とし穴ですな。大河ドラマの「新撰組!」もほしいままに作り過ぎじゃあ?ってところが多いといわれてますね。ずいぶん前の「グラディエータ」という映画もローマ史をちょっと囓った人間ならつっこみどころ満載。ってか民主主義史観に毒されすぎ。「パールハーバー」という映画を見てきた子が完全に映画を真に受けて「日本はひどい」(確かにひどい事はしてきたが、彼女の言う「ひどい」はちょっと違う)って言ってるの聴くと何だかなあ。アメリカが正義みたいな描き方はアメリカ映画だからしょうがないんだけど無批判に受け入れちゃってるのを見るとねえ。いつから日本人ってこんな”素直”になっちゃったんだろう?はっ!?ゆとり教育とはこんな風に何でも無批判に受け入れ、お上の御政道にとやかく言わない”素直な”日本人を作るためのものであったか!?
 ”ますらおぶり”やら”大和魂”は「記紀」や「万葉集」を’素直’に読めば思いこみの幻想だってすぐに分かるのだが。

投稿: Bach | 2004.04.28 06:29

Bachさん、おおきに。
どうも「大和魂」を語りたがる人たちほど、「記紀」「万葉集」をはじめ、日本の古典を読んでおらぬのではないかという気はしますな・・・
ほんまの「愛国」ってなんだろう。

投稿: 龍3 | 2004.04.29 02:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/20826/499066

この記事へのトラックバック一覧です: チャンバラ幻想:

« 敗れし者に | トップページ | 南禅寺水路閣 »